生活習慣病の特徴と予防法

頻尿と咽の渇きがポイント

看護師

最近は生活習慣病が増えています。予備軍まで含めると3人に1人が生活習慣病だといわれています。この病気が厄介なのは痛みなどの症状が出ないことです。気づいた時にはかなり進んでいることがあります。この生活習慣病の中で、最も知られているのが糖尿病です。糖尿病もハッキリした症状が出ないので、気づいた時にはかなり悪化している場合があります。特に運動不足の人は注意が必要です。一日中デスクワークをしている人や、食生活が乱れている人は糖尿病になりやすいのです。症状としては尿の回数が増えたり、やたらに咽が渇いたりします。また急激に体重が減少することもあります。このような症状が出たら、すぐに内科の先生に診てもらう必要があります。

食生活の改善と運動が重要

普段から食生活が乱れて運動不足の人は、定期的に検査をすることです。血液検査で血糖値がわかりますから、簡単に調べられます。糖尿病は体質にも関係あるので、家族になったことのある人がいる場合は特に注意が必要です。もしも糖尿病になってしまったら、医師の処方してくれた薬をきちんと服用することが大事です。そして食事も暴飲暴食を控え、腹八分ぐらいにします。野菜や魚がメインの食事をとるようにして、1日3食食べることが大事です。食後に有酸素運動をするとカロリーを消費できるので効果的です。ジョギングなどよりもウォーキングの方が糖尿病には効果があります。のろのろ歩くのではなく、大股で早足で歩いた方が効果的です。そして規則正しい生活を送れば、症状は改善します。

患者の特徴とは

悩み

糖尿病患者に見られる特徴は、肥満体型であること、40歳以上であること、普段から運動をする習慣を持っていないことです。そのため、糖尿病を改善するには、無理のない食事制限を行うこと、歩く距離を伸ばして適度な運動をすることです。

詳細を確認する...

身近な病気

病棟

糖尿病は、日本人の患者数は多くなっています。ですので、定期検査をしてなるべく初期で発見できるように努力していきます。また、親が糖尿病の場合は、あなたもなりやすい体質の可能性がありますので、きちんと予防していくようにします。

詳細を確認する...

特徴と本当の原因

woman

糖尿病は、体内に糖分が正常に取り入れられない病気で一番恐ろしいところは様々な合併症を引き起こすところです。根本的な原因は糖代謝の異常なので、これを治さないと治りません。現在の治療は合併症を引き起こさないような治療が多く行なわれています。

詳細を確認する...